においセンサ

■調査対象技術

人の生体情報の一つである嗅覚に対応する「におい」を検出する検出機器や装置(システム)を「においセンサ」と定義し、発明の技術的な特徴がにおいセンサである特許情報を調査の対象としました。ダイナミックマップは、技術と特許をつなぐ特許情報を提供することを主旨としており、明細書に「書いてある/書いてない」ではなく、技術者の目で特許情報を査読し、技術的に調査対象を判断するのが特徴です。

 

■調査対象特許情報

研究開発対象の技術が陳腐化しない期間を過去5年程度と考え、2015年から2020年の間に発行された公開(公表)特許情報616件を調査し、296件を抽出しました。実用新案は含んでいません。

 

■技術と企業の全体像を俯瞰でき