イオン液体のエネルギーデバイス用途【2013年版】
この資料では、イオン液体(常温溶融塩、イオン性液体など)を応用するエネルギーデバイスに関する技術を調査対象にしました。主として電気・電子関連のエネルギー入出力やエネルギー変換を対象とするデバイス(素子)に関する技術です。 

いわゆるエネルギーというには当たらない微弱な信号や情報、通信、表示などに関する技術は調査外としました。潤滑や蓄熱、化学反応、溶解などの電気に関わらない技術も対象としていません。

イオン液体のエネルギーデバイス用途【2013年版】

¥198,000価格
  • ダイナミックマップ年鑑