イオン液体の用途展開
イオン液体(もしくはイオン性液体)は構成されるアニオンとカチオンのデザイン、およびこれらの組み合わせによって様々な物性を作り出すことが可能であることから、近年関心が高まっている材料です。低い粘土でイオン導電性が高く難燃性、不揮発、高耐熱性などの特性を持っており、揮発性有機化合物(VOC:Volatile Organic Compound)の代替として注目を集めています。 

イオン液体の用途としては、高性能で安全な電気的デバイス用電解質(電気二重層キャパシタ、リチウム二次電池、色素増感太陽電池など)、環境調和型化学反応溶媒および抽出溶媒、適度な粘度及び熱に対する安全性など物理化学物性が要求される潤滑剤、抗菌剤として医療・医薬の用途開発など、多くの分野で利用されています。 本書では最近公開されたイオン液体に関する特許情報113件抽出し、発明の観点(アングル)から8つに分類しています。

イオン液体の用途展開

¥88,000価格