インクジェット法を用いた有機EL膜とその応用展開
有機ELが表示素子の次世代牽引役として注目されています。コアとなる導電性高分子材料は、ディスプレイやトランジスタなどへの応用分野が拡がり、大量生産・大量消費される実用商品として今後も技術開発が進むとみられます。 


一方、インクジェットの技術は、ますます高精度化し、インク材料、印刷対象の自由度も増しています。新しい生産技術としてのインクジェット法が、次世代の表示素子としての有機EL膜に対してどのように応用展開されているか、両者の総合的な関連の中での相乗的な開発動向は、現在、最も注目される技術テーマの一つです。

本書は、2000年以降に出願された特許情報を軸に、重要技術とそれを支える関連技術の動向、および有機ELの研究開発に携わる主要企業の動向を分析・報告いたします。

インクジェット法を用いた有機EL膜とその応用展開

¥165,000価格