カーボンナノチューブCNTの用途展開
カーボンナノチューブCNTは社会を変革する新素材として期待されています。 CNTを応用することによって、今までには考えられなかった、全く新しい発想の製品開発が広がる可能性を秘めています。 


CNT素材の研究開発と同時に、CNTならではの用途展開が活発です。カーボンナノチューブCNTの持つ優れた機械的特性や電気的特性、熱や光学特性を活かしたさまざまな用途が拡がりつつあります。特許から見ると、川上素材を川下用途に適用させるための分散や複合、積層などの機能向上技術と、さまざまな川下用途が幅広く表れています。直近では、光電変換要素や二次電池(電気化学)系が広く出願されています。

すでに登録特許が発行されているCNT用途は何か?特許情報からCNTの用途の拡がりを探り、新規事業探索にお役立てください。

調査範囲
カーボンナノチューブ(CNT)の用途の拡がりに注目し、用途に特徴がある特許情報を調査対象といたしました。出願日遡及20年間に相当する1994年1月以降の出願であり2014年5月15日までに発行された国内登録特許で特許権が存続している5,612件を調査し、2,586件を抽出しました。なお、実用新案は除きました。

カーボンナノチューブCNTの用途展開

¥198,000価格