クルマ社会と情報通信技術 Part2

自動車が若者の所有対象ではなくなり、地方では個人所有が一般化した現在、社会とクルマのかかわりはEVの家電化ともいわれるように、一段と人の生活に密着した生活の道具になっています。本書は、自動車が生活の道具として社会に溶け込んでいる現在のクルマと情報通信技術のかかわりを特許情報から探ります。人と安全、運転支援、車車間での情報通信、路車間での情報通信、携帯機器との情報通信、車載機器の情報通信などが表れています。

クルマ社会と情報通信技術 Part2

¥88,000価格