コンプライアントソフトロボット
ペッパーなどのロボットが現実に社会生活に入り込んできていおり、それに応じて物理的にロボットがひとの身体に触れる機会も増します。また、介護ロボットでは金属的な人体への接触は不快感を呼び覚ます。次世代を呼ぶ社会ロボットでは、人にコンプライアント(柔軟)な力覚にも対応した高精度で安全な動きの制御や、人肌に違和感のない外装素材の開発など、物質系だけでなく制御システム系、心理にも及ぶ広範囲な社会実装への課題があります。本書は最新の特許情報を調べ、人にやさしいソフトでコンプライアントなロボットへの課題認識や実際の企業の最先端の取り組みを俯瞰します。社会ロボット市場の急速な拡大は数年後に控えているなかで、特許情報は積極的なR&Dへの強化書です。自動車市場を凌駕するとも言われている社会ロボットのすそ野開拓の前哨戦は始まっています。研究開発のベンチマーク資料