トヨタ自動車のワイヤレス電力伝送
トヨタ自動車の米国特許は主に2008年以後に急増しており、インダクション(誘導)コイルと自己共振コイルを組み合わせた構造に特徴があります。初期の出願は安全やシールドなどを取り上げた技術観点が多く、2009年後半になるとインピーダンス調整や周波数に目をつけた技術的に高度な出願へと内容も変化しています。 


調査対象技術
米国マサチューセッツ工科大学MITの2007年米国公開特許US2007/0222542が世界に投げ掛けた磁場共鳴型ワイヤレス電力伝送技術のその後の広がりに注目しています。そこで、トランスコアを用いる電磁誘導型ワイヤレス電力伝送技術やレーザ光やマイクロ波を用いるワイヤレス電力伝送技術などは調査対象として取り上げていません。

トヨタ自動車のワイヤレス電力伝送

¥198,000価格