ドライバの動作
ドライバの動作を生体情報として検知するセンシング技術をテーマにしています。 

頭部の向きやハンドル操作からドライバの脇見や不注意を喚起するだけでなく、
ドライバの動作のモニタリングは自動運転に欠かせない技術です。
自動/手動切換時の運転感覚や運転アシスト最適化等の運転操作や姿勢を含め、
運転動作が運転中のドライバの感情にも左右されるという研究にまで進んで
います。

本ダイナミックマップでは、ドライバの手足や頭部の動き、
姿勢などの動作を検知し、検知結果に基づいてドライバの状態を判定し、
ハンドル操作やブレーキ操作に反映させ、自動運転の自動/手動モード切換に巧みに
活かし、さまざまな用途にドライバ動作を反映させる一連の技術の流れに沿って
最新特許情報を分類にしているので、自動走行時の他車の挙動など、機器や装置の
動作は対象としていません。

特許分類(IPC/FI)を基軸としてキーワードで絞り込んだ主検索式と、
キーワードのみを組み合わせた補完検索式の論理ORを用い、
専門技術スタッフが一件ずつ目を通して技術分類を付与しています。

全体像の俯瞰と、詳細情報のクローズアップ。ダイナミックに視点を切替えて特許情報から業界の動きや技術の変化を調べることができます。

調査範囲
ドライバの動作技術を調査対象に、2012年1月以後出願、201