ドライバの表情モニタリング
自動車の自動運転をバックに運転情報の技術革新が急速です。 

顔や目などの生体情報からドライバの表情をつかみ、
自動車の安全・安心を図る、生体情報によるドライバの表情モニタリング技術を
取り上げました。
なお、クレームでは自動車ドライバに限らない汎用的な表情モニタリングや、
表情に限らないモニタリング技術も参考までに取り上げています。
ただし、自動車の運転動作に関らない画像処理や特徴抽出、表情や感情などに
関わらない特許情報などは取り上げていません。
技術的には、顔などの撮像画像や会話の音声を生体情報として入力し、
これらの生体情報に基いて表情を把握する要素となる視線などのパーツ情報を
認識し、認識結果を利用してドライバの喜怒哀楽など感情判