ドローン

ドローンを定義している事を基準にして、機体の構造、運行管理(飛ばす仕組み)、運用管理(空中での用を供する仕組み)に関する技術の特許情報を調査しました。2013年1月~2018年5月までに発行された国内公開特許からドローンに関する特許情報を902件調査し、国際特許分類(IPC)、ファイル・インデックス(FI)およびキーワード(KW)を組み合わせた独自の検索式で807件抽出しました。

◆ドローンの定義

航空法上では航空機とは人が乗って空中の用に供するものとなっています。人が乗らないものがドローンで航空法上は玩具扱いです。ドローンと限定できるものは垂直に上昇が出来るものに限定しています。垂直に上昇可能なものはヘリコプターでありますが、ヘリコプターはメインローターにて上昇可能ですがローター回転方向に反回転トルクを加えないと機体本体が回転してしまい安定しません。それを解決しているのがテールローターの存在です。ヘリコプター方式の上昇機能飛行機は操縦が難しく構造も複雑になります。ドローンは機体の周りにローターを複数配置してテールローターのない構造となっておりシンプルな構造で操縦性も容易なものとなっています。他にメインローターの構造が複雑になりますが二重反転ローター構造でテールローターのないドローンも一部あります。

◆最近の傾向や注目ポイント

運行(操縦)の自動化、計画飛行等のIT技術を駆使しての