フラーレン、グラフェン、CNTを生かすリチウムイオン電池
カーボン材料はLiB負極と正極に活用される重要材料です。 


・CVDフラーレンを用いるメソ多孔材
・Si、SnなどCNFの表面構造化負極
・正極活物質とCNTとの水熱合成プロセス
・LiMOを核にグラフェンの電気伝導性を向上する正極活物質
・フラーレン、グラフェン、CNTなどの分散、表面改質、機能化など

LiBと最先端カーボン材料の接点を「技術と特許の観点」に分け、 典型例を掲載したガイドブックです。

フラーレン、グラフェン、CNTを生かすリチウムイオン電池

¥55,000価格
  • パテントガイドブック