ブレイン・マシン・インタフェースBMIの用途展開
本書ではブレイン・マシン・インタフェースBMI、つまり、脳の活動をセンサで読み取りコンピュータに入力するインタフェースに関する技術を取り上げました。 

注意力が低下したドライバの事故防止に備える自動運転、食感・香り、音楽などの感情や好みにあう商品マーケティング、ストレスとヘルスケア、健康と睡眠など、さらには生活ロボティックスなどの技術革新に直結する最先端の脳科学が拓く次世代のひとと暮らし、社会に直結する次世代技術です。
東京大学、広島大学、東工大、熊本大学などのほか、産総研やグーグル、島津製作所やトヨタ自動車、日産自動車、日本電気、サッポロビールやパナソニック、ソニー、富士通など、国内外のいろいろな研究機関や企業から様々な特許出願が生み出されています。
本書はこれらのBMI技術の最先端を最新の特許情報で探るガイドブックです。ぜひ、情報時代の研究開発ターゲットに特許俯瞰ガイドとしてご利用ください。

ブレイン・マシン・インタフェースBMIの用途展開

¥88,000価格