ポスト5G~6Gの低誘電・低損失材料

自動車やスマホの移動体高速通信の5Gで始まった技術革新はさらに高速化し、2025年には周波数が30GHz(波長1cm)から300GHz(波長1mm)を帯域とするミリ波の時代に入ると言われています。30GHzを超えるミリ波(周波数30GHz~300GHz)帯域では、高分子材料がどのように使われるか未開拓な領域であり、これに対応するためには、素材特性を大幅に改善しなくてはなりません。そこで、ネオテクノロジーでは、ポスト5Gの高分子材料をターゲットとして、各社がどのような取り組みを行っているかを特許情報から把握するために、高周波化に沿う高分子材料の研究開発動向を特許情報から探ります。

2015年以後発行された国内公開特許情報2,309件を専門技術スタッフがマニュアル査読し、特許明細書全文の中で、ミリ波(周波数30GHz~300GHz)帯域を想定している特許情報133件を抽出しました。

ポスト5G~6Gの低誘電・低損失材料

¥198,000価格