ミリ波配線回路基板

6Gでは周波数はミリ波からテラヘルツ波が使われ、無線通信だけでなく、自動運転用のミリ波レーダやデータセンタのボード伝送速度もミリ波の領域に達すると予測されています。

こういった背景の中で、ミリ波領域の信号を伝送する回路基板として、材料から伝送線路構造、あるいはアンテナやフィルタなどの受動部品、またICと回路との接続など多面的な技術革新が求められています。これに応えるため、材料、電子部品・機器や通信関連など幅広い業界から積極的に特許出願されています。

本レポートは、最近の国内公開特許情報と“生きている”登録特許情報を、技術キャリアが特許調査、技術分類して6Gに取り組む企業・研究機関の動き、技術の動きを特許情報からマップに展開、最新の特許環境を俯瞰します。

2016年7月以後発行された国内公開特許情報約1,500件を調査しました。

ミリ波配線回路基板

¥198,000価格