リキッドバイオプシーを用いた次世代がん診断技術
がんを治癒させる最大の切り札は、がんを早く発見することです。 

簡便な手法で、比較的安価な、がんのスクリーニング方法が求められています。

リキッドバイオプシー(liquid biopsy:体液診断)は、
疾患部位の侵襲による組織採取を行わず、血液や唾液などの体液を用いて、
低侵襲にバイオマーカーを測定して診断する技術として注目されています。

・血中に僅かに存在するがんの遺伝子(遊離DNA)を検出する技術
・遺伝子変異の有無によって効果が期待できる薬を使い分ける個別化治療の促進

本書は、出願日遡及5年間の国内特許情報を専門技術スタッフが調査し、
リキッドバイオプシーに関わる技術と企業の取組みを明らかにするものです。

リキッドバイオプシーを用いた次世代がん診断技術

¥330,000価格