リチウムイオン電池と安全性
リチウムイオン電池の、主として材料から見た安全性を向上させる技術を調査対象とします。正負極材料、電解液材料(溶媒、電解質)、セル安定化の添加物等の材料技術を取り上げます。また、構造材料であるセパレータ(固体電解質やゲル電解質も含む)や、ケース材料とその構造も対象とします。なお、初期充電やエージング等は材料に限らずとも取り上げています。 

リチウムイオン電池以外の電池に関する技術は取り上げていません。安全性を意図していない材料技術は取り上げていません。電子回路による安全対策は取り上げていません。また、定置用あるいは電気自動車等の大電力に使用される組電池の安全性に関する回路・システム技術は今回の調査では取り上げません。

リチウムイオン電池と安全性

¥198,000価格