リチウムイオン電池のバインダ材料
モバイル機器や電気自動車の普及と共に、リチウムイオン電池の需要が高まり、各社が積極的な研究開発を繰り広げています。 


本レポートは、リチウムイオン電池のバインダ材料に関する最近の国内公開特許情報を基に、技術と主要な企業の現状を調査しました。特許情報の抽出にあたっては、当社独自の検索スキルにより絞り込んだ検索母集団について全件マニュアル査読を行い、リチウムイオン電池のバインダ材料に関する特許情報のみ抽出しています。技術の変化を見るために必要な期間を5年間程度と想定し、データ収録期間を発行日遡及5年間としています。

調査対象技術
リチウムイオン電池の固形成分を結着固定する材料をバインダとし、電極材料や導電助剤のバインダだけでなく、集電体のアンダーコート、セパレータなどの微多孔膜に使うバインダを含めています。
また、バインダの新規動向を調査する目的で、新しいバインダ(例えば繊維状炭素バインダのようにバインダ以外の機能を盛り込む技術)や、バインダに関わる技術(バインダの使いこなし方、バインダ特製の評価技術、バインダ材料に欠かせない処理プロセス、バインダ材料と関連ある材料など)も調査対象としています。
ただし、ゲル電解質は調査対象から除外しています。

リチウムイオン電池のバインダ材料