リチウムイオン電池材料シリーズ リチウムイオン電池の負極活物質珪素(シリコン)系 第二版
リチウムイオン電池の負極材料は、更なる高容量化、高出力化を実現するために、新たな材料開発への挑戦が求められています。 


2007年以降に出願され、2014年2月までに発行されたリチウムイオン電池に関連する膨大な国内公開特許情報から、当社独自の検索スキルと専門技術スタッフによるマニュアル査読での抽出を行い、リチウムイオン電池の負極活物質の珪素(シリコン)系に関する特許情報をまとめました。

調査対象技術
リチウムイオン電池の負極材料に関わる活物質の珪素(シリコン)系材料を取り上げました。珪素(シリコン)、酸化ケイ素(SiOx)、珪素化合物、珪素含有合金、或いは、これらの粒子、ナノ粒子、薄膜を対象としました。

リチウムイオン電池材料シリーズ リチウムイオン電池の負極活物質珪素(シリコン)系 第二版

¥107,800価格