固体高分子型燃料電池に用いられる炭素材料
固体高分子形燃料電池(PEFC)では、水素などの燃料と酸素(空気)による酸化還元反応を行わせるため、電極材料に触媒が用いられています。本書では、燃料電池に用いられる炭素材料に着目し、白金代替触媒としてのカーボンアロイなど、最近の特許情報から注目すべき技術観点と代表的な企業の取り組みを俯瞰しました。 

燃料電池の耐久性や炭素の表面積拡張、炭素材料の種類(カーボンブラックやグラファイト、CNTやグラフェン等)、触媒の活性点を増加させるための、窒素含有(ドープ)炭素、非白金触媒、触媒インクや触媒ペースト用途を調査対象にしました。

固体高分子型燃料電池に用いられる炭素材料

¥88,000価格
  • パテントガイドブック