塗布型有機EL 《材料編》
有機ELが再び主戦場になってきました。スマートフォンの高精細高輝度画面やタイル照明の実用化が始まりました。有機ELは自発光、低電圧駆動、低電力駆動という魅力を持ち、省電力性の時代ニーズにかなった先端技術といえます。 有機EL実用化の鍵は、低コスト、大量、大型化です。現在の蒸着方式に代わる、塗布型有機ELの研究開発に各社が注目しています。製品の実用化段階では、関連企業と要素技術を俯瞰するとともに、重点技術に踏み込んで特許を調べておくことが必須です。また、企業知財活動にとって、自他の位置関係を把握し、知財対策を図っておくことは急務です。 このマル