有機ELの封止技術 編 Part3
有機ELの封止技術は主に以下のような要求に基づき展開されています。 1.信頼性の確保、向上(耐湿性、耐酸素性など) 2.装置の小型化、薄型化 3.工程のコストダウン 4.表示品質と信頼性との両立 などです。 これらの要求を達成するための封止技術を各種の具体的な封止構造および製造方法、封止材料に分類した最新の特許情報を報告します。

有機ELの封止技術 編 Part3

¥55,000価格
  • パテントガイドブック