top of page
液浸冷却

大規模データセンタやスーパーコンピュータの熱対策として新たに注目されているのが液侵冷却(Immersion Cooling)です。データセンタなどで消費される電力は全世界の消費電力のおよそ3%程度にのぼり、そのかなりの割合が冷却に使われていることを考えると、地球温暖化を見据えた冷却効率の改善は喫緊の課題です。

 

液侵冷却は、サーバの基板を絶縁性のある不活性の冷媒に直接浸漬させる手法であり、冷媒循環の単相式と冷媒気化熱冷却の二相式があるが、従来の空冷や液冷に比べて効率の良さ、冷却コストの削減が期待されています。データセンタやスーパーコンピュータだけでなく、液侵冷却は設備そのものの設置面積(フットプリント)の少なさ、省スペースで低騒音であることから、液冷と親和性の高い車載EVバッテリ液侵冷却システムなど、用途の広がりも注目されています。

 

■調査対象技術

本ダイナミックマップでは、最近の液侵冷却に関する特許情報を対象に取り上げ調査しました。液侵冷却のシステムは設備全体としては単純な構成であるが、今回はその技術内容を大きく4つの技術分野に分類しました。具体的にはまず、1)液侵冷却において重要な役割を果たす冷媒材料、2)冷却効率を改善するための液侵冷却要部、3)冷却された冷媒を円滑に供給するための冷媒循環システム、4)将来の発展を見据えた注目用途、4分野です。

 

■最新の特許情報を俯瞰する「攻めのパテントガイドブック」

膨大な特許情報の中から必要な情報を抽出するには困難が伴います。そこで、特許情報から技術的視点を提供する「攻めのパテントガイドブック」では、技術者の視点で直近の特許情報から約75件程度の情報に厳選し、新鮮で技術的に役立つ情報を提供いたします。次世代技術テーマを探索しているR&D研究者の皆様にお役に立ていただけるレポートです。

 

■WEB試読サービス

詳細についてお知りになりたい方は、WEB試読サービスをご利用ください。

液浸冷却

¥88,000価格
  • 攻めのパテントガイドブック

bottom of page