生体適合性バイオインターフェース材料
再生医療などの医療の高度化、常時健康管理のためのウェアラブルセンサや体内埋め込みデバイスなどヘルスケア分野の拡大に伴い、ナノ技術や情報通信に対応する新たな生体適合性材料の開発が急がれています。 


本レポートは、生体適合性バイオインターフェース材料、特に体表面、皮膚界面に関する最近の国内公開特許情報を基に、技術と主要な企業の現状を調査しました。特許情報の抽出にあたっては、当社独自の検索スキルにより絞り込んだ検索母集団について全件マニュアル査読を行い、ウェアラブルや皮膚界面など主として体外接触面における生体適合性材料に関する特許情報のみ抽出しています。技術の変化を見るために必要な期間を5年間程度と想定し、データ収録期間を発行日遡及5年間としています。

生体適合性バイオインターフェース材料

¥198,000価格