画像データを用いるAIビジネス

AIデータのうちで最も多用されている画像データを用いた用途は何か?

本書は「画像データを用いるAIビジネス」を特許情報から特許情報から読み解きます。

21世紀になって大きな技術の変動が起こっているようです。

半導体技術の進歩により、20世紀では考えられなかったほどの大量のデータを処理することが可能になりました。

同時に情報を取り扱う技術飛躍的に向上し、いわゆる「IT業界」が生まれ、巨大産業となりました。

本書はハードウェアとソフトウェアの両方の進歩が、今どのような変化を社会に起こそうとしているのかを、特許情報から考察しています。

ソフトウェアの進歩の一例として、特に人工知能を取り上げました。ハードウェアの進歩を表す一例として、画像データ(動画を含む)を取り上げました。

直近の3年間(2015年1月1日から2018年3月31日)の間、日本で公開された公開特許情報を対象とし、用途が記載されているものを随時検索式によって抽出し、9つの用途(医療、外観検査、車両、監視カメラ、人の特定、人の動作、動画、文字、AR)を抽出し、用途別、出願数の多い企業別に分析を行いました。

画像データを用いるAIビジネス

¥52,800価格