磁歪材料の用途展開

本書の特長

磁歪は1842年(今から175年も昔)に発見された機械と磁気の相互関係です。
最新の自動車電装に欠かせないセンサやアクチュエータであり、
しかも、生産設備や建造物のモニタリングなど、
IoT技術の無電源ワイヤレスセンシングとして注目されている最先端技術です。
磁歪材料の発見は大昔ですが、最近の最先端材料技術のおかげで
新たな市場展開につながる可能性を秘めています。

本書は2014年以後出願された磁歪材料の用途展開に関する最近の技術動向を取り上げています。
逆磁歪効果を活用した自動車エンジン燃料噴射アクチュエータや
タイヤ圧力センサ、ステアリングホイールのトルクセンサなど、
自動車分野だけでなく、マルチフェロイック材料への展開など、
磁歪材料の応用製品開発の最前線を最新の特許情報をご紹介しています。

磁歪材料の用途展開

¥88,000価格