第23巻 スナバ回路

スイッチングのオンオフ時にサージ電圧やサージ電流が発生し、部品にストレスを与えたり、雑音発生の原因となります。スナバ回路は主に回路や部品の寄生インダクタンスや寄生容量に起因してスイッチングのオンオフ時に発生するサージを抑制する目的で挿入されます。スナバ回路はコンデンサや抵抗といった受動部品で構成されるものや受動部品とダイオードやトランジスタなどの能動部品と組み合わせる方法など様々です。本書はスナバ回路を絶縁型コンバータ用、非絶縁型コンバータ用に大別し最新の特許情報を掲載します。なお、本巻の関連技術として「第4巻 高信頼性技術」「第5巻 低ノイズ化技術」「第1巻 高効率化技術(絶縁型)」「第2巻 高効率化技術(非絶縁型)」もご用意していますのでそちらもぜひご参照ください。

第23巻 スナバ回路

¥33,000価格