脳科学の社会実装 技術俯瞰最前線
脳は世界が注目する最先端科学技術の一つです。 

脳のはたらきを計測して脳活動を分析し、微小信号を利用したコンピュータとのブレイン・マシン・インターフェイスにより、医療や人の暮らしの安全を図る社会実装が急速に進んでいます。

本書は2015年以降発行の最近の特許情報から脳の科学技術のうち、社会実装と産業応用に取り組む企業と要素技術の観点の拡がりを探ります。
人工ニューロンや神経回路ニューラル技術にも視野を広げ、いま、企業や大学が脳科学の産業応用をねらって、特許知財にどう取り組んでいるかをまとめました。

脳の活動を測定する脳波計測やMRI、NIRSなどの計測技術の最先端状況、最新情報技術のコンピュータインターフェイスBMSの取組みのほか、注目される観点の一つは脳活食品や無意識学習などがあります。
睡眠とリハビリや、脳と五感の関連、音や触覚、味覚との関わりも表れています。

観点ごとに特徴のある図面を選択配置したガイドマップは、脳活動の産業応用の全体像と多様な技術を俯瞰するガイドとして役立ちます。
企業と技術の開発の多様な観点を調べるガイドブックとして本書をご活用ください。

脳科学の社会実装 技術俯瞰最前線

¥88,000価格