自動車運転支援情報通信技術 Part2

このガイドブックでは自動車を運転する運転者の支援を情報通信側面から実現する運転支援技術を取り上げました。

本書は Part1にあたる発刊(2009 年)が行われていますが、その後の自動車の性能アップとともに他車との衝突回避や交差点での安全走行、自車情報の確実で高精度な授受だけでなく、新たに歩行者への安全や EV への充電支援という新しい観点が付加されています。発明の技術領域と観点から、7つに分類しています。なお、運転操作に関わらない支援技術や、情報通信が関わらない支援技術に関する特許情報は取り上げていません。

技術テーマを絞り、直近2〜3年間の特許情報に基づいて、技術開発最前線がどうなっているか、大切な技術成果を知財にどう反映させているか、「特許」と「技術」の双方を見渡すガイドとして典型例137件を集めたガイドブックです。自己の課題の相対的位置を知りこれからの方向を考える資料として、また簡易な特許調査としてご活用ください。

自動車運転支援情報通信技術 Part2

¥88,000価格