自動運転とドライバの視線監視

自動車の自動運転技術が急ピッチに進んでいます。自動運転では様々な情報をヘッドアップディスプレイHUDに表示し、安心・安全な自動運転を提供し、ドライバの手動モードへのオーバーライドに対応し、仮想現実VRなどの最新技術を活用するなど、視線監視技術が重要な技術分野になります。本書は2014年以後に特許出願された特許情報を技術専門スタッフが調査し、運転者(ドライバ)の視線監視に着目した典型的な発明約100件を抽出して、技術と特許をつなぐ注目すべき最新の観点(アングル)を探りました。自動運転と紐付した視線監視技術は、安全・安心はもちろん、ドライバや同乗者の心理や快適性、V2Xとのインフォマティックス対応などと複合し、ますます重要性を高めると思われます。ぜひ、本書を技術と特許を結ぶ研究開発の最新俯瞰資料としてご利用ください。

《収録情報》

ドライバの視線監視に関する特許情報の検索では、

1)自動車運転に関する特許情報であること、

2)運転者や助手、乗員などの人の視覚(目)に関する特許情報であること、

3)覚醒状態を監視するセンサ(カメラ)に関する情報であること

の三要素を特許検索の前提としました。