自動運転と手動運転の混走

自動運転車と手動運転車が混じって走行する「混走」に着目しました。混走では、自他関係を明確に把握し、自車を安全に走行制御し、他車との情報通信で最適に対応し、周囲に自車の対応を知らせるなど、自車の自動運転/手動運転のモード切替を含めてダイナミックな技術的対応が求められます。その反面、調査した範囲では「混走」に特徴づけした特許出願は余り多くありません。注目しておきたい攻める領域と言えましょう。

本書では2014年出願以後の最近の特許情報約を調査し、混走に着目するうえで知っておきたい最新特許情報から、「混走」に関わる具体例として周囲車両が自動運転中か手動運転中かの識別技術(2017-206200富士通テン)や自動運転車両の特徴と位置を情報提供する道路管理システム(2017-84260東芝)、周辺車両の動きを推定する自車制御(2017-142679本田技研)など、混走を取り巻く俯瞰情報としてふさわしい具体例を掲載しています。

自動運転と手動運転の混走

¥88,000価格