課題系統図演習ノート 回路編
特許出願の目的は権利取得です。特許明細書には、権利を取得するために、審査官を納得させる論理的な筋道立てが必要です。 


技術者には、発明を優れた出願提案書に高める書く力、つまり、特許取得のための明細書作成力が求められます。

『課題系統図演習ノート』は、論理思考に役立つ優れた特許明細書に触れ、演習形式で課題系統図を作成することによって、技術者が論理的な筋道立てを構築する力、 説得力、説明力を身に付けることができるようになります。

ネオテクノロジーの長年の顧客企業への発明創出支援を通じて、生み出した独自の論理思考強化ツール『課題系統図』シリーズ。ノウハウが満載です。

回路編について
皆様からのご要望の多かった、回路技術者を想定した課題系統図の実践的ワークブックです。ネオテクノロジーのスイッチング電源等の回路技術における技術と特許の土地勘を活かし、回路技術者に役立つ課題系統図の題材と