電気自動車EVの回生電力の利用

本書では、電気自動車EV/HEVの電力回生を取り上げました。EV/HEVのモータ回生電力の利用は、電池の走行距離や省エネ、環境だけでなく、EVのドライバビリティにも影響する重要技術の一つです。電気鉄道では回生ブレーキなどで実績が高い技術ですがEVの回生電力は下り坂や道路交通などの実際の走行モードにより頻繁に発電量が変わり、直近のダイナミックマッピングや自動運転技術などとも深く係わります。

本書では2015年以後出願のEV回生電力の利用技術に関する特許情報を調べ、技術と特許をつなぐ具体例にふさわしい特許情報を俯瞰的に選び、最近の技術動向を反映した技術観点に分けたガイドブックを編集しました。技術的観点は、走行モードと車載バッテリSOCの充放電制御、コンバータ/インバータの双方向運転と過電流・過電圧の安全保護、燃料電池車FCVの回生電力利用技術のほか、回生電力を利用したトランスミッションやバルブ調整にまで及んでいます。新たな発明導出の技術観点探りや、本格調査の前資料としてご利用ください。

電気自動車EVの回生電力の利用

¥88,000価格