静電気(帯電)対策と活用編 Part2

■本書の特長

液晶表示装置の大型化・高精細化が進展するに従って、帯電による静電破壊や誤動作の影響はより深刻になります。このため、静電気発生、帯電の少ない材料の開発や静電気の影響を受けにくい回路構成の検討が進められています。
本書は2014年1月以降公開された、液晶表示装置を中心とした画像表示装置およびその周辺技術の国内特許情報228件から代表例100件を選定し、6つの分野に分類しました。分類項目は、帯電防止層に関する材料技術(A)、その構成・製造方法(B)、帯電要素の除去方法(C)、静電保護(D)、表示装置製造工程中の静電気対策(E)、およびその他(F)として静電気を利用する技術等とし、項目毎に特徴的な図面を選択・配置しました。全体像を俯瞰し、各技術分野のトレンドを把握するためのガイドとして本書をご活用下さい。

静電気(帯電)対策と活用編 Part2

¥88,000価格