6Gテラヘルツデバイス

beyond5Gとして期待される、6Gテラヘルツの超高速通信デバイスの最近5か年の研究開発を反映した特許情報を調査しました。テラヘルツ帯はミリ波の上限から赤外光の下限(300GHz~300THz)に位置する未開拓領域であり、電子と光の両方の技術に跨ります。発振(発光)、検出(受光)、増幅・変調等の素子機能から見ても、アンテナ、配線回路(導波路)、半導体(光)と集積モジュール等の素子構造からみても、電子と光に重なる最先端技術領域です。

 

そこで、本資料は光デバイス(IPC/G02B、G02F)と電子デバイス(IPC/H01L、H01P、H01Q、H03、H05K)を中心にデバイス技術経験者の目で2017年以後の公開(公表)特許情報の母集団約1500件を調べ、見ておきたい特許情報を抽出いたしました。ネオテクノロジー独自のダイナミックマップ形式のビューアにて、技術と企業の両面から最近の6Gテラヘルツデバイスを把握することができます。

 

◆毎月の最新特許情報リアルタイム追跡WEB(オプション)も用意しています。

6Gテラヘルツデバイス

¥198,000価格