UDCの有機EL材料
21世紀の有機エレクトロニクス時代を先駆ける有機EL材料に挑む注目企業が、どのような事業戦略と技術開発に取り組んでいるか、優れた企業を取り上げて特許情報から分析するレポートをシリーズ発刊しています。 本レポートでは、ユニバーサルディスプレイ、南カリフォルニア大学及びプリンストン大学による国内公開特許を調査しました。 有機エレクトロニクスの最前線である有機EL分野では、企業の勝敗をかけた膨大な特許が生み出されています。企業の研究開発リーダシップと知財戦略こそ、さながら現代の企業知財戦争であり、激しい開発競争と特許戦争が展開されています。 こうした背景から、優れた企業が実際に展開した実際の研究開発と知財構築のヒストリーを学び、我が国が世界に誇る科学技術の貴重な成果を、これからの研究開発マネージメントと知財戦略への道標とするためにお使いいただくことをお勧めいたします。

UDCの有機EL材料