人工知能と健康・元気のヘルスケア

人工知能は、日常生活や産業上のあらゆる情報を活用し、情報の持つ特徴を抽出することで、情報から新たな価値を生み出そうとしています。

本書は、人工知能とヘルスケアの関わりを特許情報から探ります。この冊子からは、日常的な健康管理や生活習慣・睡眠の改善、職場でのメンタルヘルス、高齢者の身体能力・認知力判定、介護者へのサポート、スポーツのトレーニングなど、さまざまなシーンに広がる発明の導出ポイントを具体例でみることができます。

人工知能とヘルスケアにおける発明導出の第一の着眼点(アングル)は、対象となる人間の生体情報を測定して、その対象者の状態を推定することです。生体情報には、脈波や体温、発汗、体